<< おもひでボロボロ | main |

エチュードさん太郎

どうも皆様こんにちは。

 

渡邉さん太郎です。

 

不朽の超ロングセラー商品「酢だこさん太郎」に倣って、名乗ってみました。

なぜ敬称のあとに「太郎」を付けてしまっているのか?

ネットで調べれば答えがあるのかも知れませんが、あえて調べません!!

ミステリアスのままだから良いこともあるのです(ΦωΦ)フフフ…

 

 

まあ駄菓子の話はこれくらいにしておきましょう。

 

今回のヘッドラインは「劇団航海記 稽古再開!!」ですから。

 

先週は反省会のみだったため、実質は公演が終わって約3週間ぶりに基礎稽古をリスタートさせたのです。

そんなリスタートの一発目から、なんと見学者さんをお迎えしての稽古を行うことができました!!

 

嬉しいやないか、キヨシ君!!

飲もうやないか、ヤスシ君!!

 

全体のアップは、久し振り+運動不足+猛暑続きのためバッテバテになってしまいましたが、見学者さんの前でみっともない姿は見せられねえ。

それが劇団員っちゅうもんや、頼むでしかし!!

 

 

アップが終了したのちに、みんなでエチュード(即興劇)をやりました。

 

お題は「鶴の恩返し」

 

キャストは5人…って、そんなに要らないんじゃ…(*´Д`*)

 

いやいやそうではないのです。そこをやりくりするのです。

基本的なルールは押さえつつ、しかし自由な発想で、くんずほぐれつ打ち合わせナシの即興芝居を作ってゆくのがエチュード。

とにかく誰がどんな役をやってもいいから話を進めていくんやで!!

 

結果、最終的なキャストは

 

主人公…ムネ

鶴/おつう…見学者さん

機織り機…コンコン

友人A…一宮天海

謎の女性…來池さん

 

と、なりました。

 

いやはや、機織り機は喋りまくるし、友人Aは人格が破たんしているし、謎の女性は謎のまま終わるし(笑)。

 

エチュードというのは簡単そうに見えて実に高難度な表現です。

自分がなんなのか、相手がなんなのかを瞬時に判断して、次に何をするのかさせるのか、常に発信受信をしていかなければなりません。

まごまごしていたら出るタイミングを失うし、考えなしに出ていくと尻すぼみの表現で終わってしまう。

役者によっては舞台並みに緊張したり「怖い」とまで言っちゃうんですよ、エチュードってやつはね!

 

逆にいえば、こういう場で物怖じせずにやり切れるなら大したもの。

物怖じしないで周りが見えて、かつバランスを考えた発言と表現ができればなお良い(高望み)。

 

ただ、まず演劇は楽しくやることです(@^▽^@)

今回の稽古も和気あいあいと、楽しくできたのが何よりの収穫ですよ。

 

 

次回も楽しくいこうぜ!!

 

 

コメント
コメントする









カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
            
参照中の記事
バックナンバー
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
others
携帯・PHS